運営体制について

近江の子スキースノーボード研修in白樺湖(雪山研修)は滋賀県スキー連盟の協力を得て実施致します。

スキー、スノーボードの実習については班毎に指導員が3日間担当します。

生活面でのサポート

実習以外の生活面でのサポートやバス内、各レクリエーションなどは日本リーダー養成協会に所属のボランティアスタッフが行います。
年ごとにスタッフの人数は変動しますが毎年、15名以上のスタッフが参加しています。
ボランティアスタッフは日頃より雪山研修以外の様々な研修を実施しています。
社会人スタッフは教職員や看護師等など様々な分野で活躍する者が学生の指導を含め研修運営をサポートしています。

平成30年度(2018年度)実施事業におけるいじめ対策について

運営について

参加するボランティアスタッフは事前に綿密な打ち合わせを実施します。
また、コミュニケーター制度を設け、実習班に担当スタッフを設け、実習を指導する指導員との円滑なコミュニケーションを図れるようにしています。
現地での円滑な連絡手段の確保のため、デジタル簡易無線機を利用しています。

なお、本研修の開催に当たり、下記の責任者を配置しています。

担当 役割
統括責任者 当会会長が担当。本研修を含め、当会が実施する全事業の責任者。 
運営責任者 当会事務局長が担当。本研修「スキー・スノーボード研修」における事業全体の責任者。
事務責任者 本研修における事務局体制を担当し、スタッフの運営サポート等を実施します。 
引率責任者 現地引率時に運営部を含む全体を統括します。
各役割毎にチーフを配置し、運営チーフの指揮により研修を運営します。
担当 役割
運営 スタッフを統括し、事前準備や現地での指揮、事務局との連携を行います。
コミュニケーター 2名体制で常に実習指導員と連携し、担当班の状況を確認、スタッフへ指示を出します。 
記録 現地からのブログのアップデート、記録用写真や動画の撮影を行います。 
保健 引率看護師と連携し、体調不良や怪我などの対応、病院への引率等を担当します。
レンタル レンタル会社と連携し、レンタル器財の準備や対応を行います。 
備品 研修で使用する備品の準備、現地での管理を行います。 
落とし物 現地での落とし物の管理、事後の対応について事務局と連携して行います。 
プログラム レクリエーション等のプログラムを企画、運営します。
ビデオ担当 バス内で見るオリジナルビデオの制作を行います。 

事務局体制について

ボランティアによる事務局員が参加の申込受付や事務業務、現地運営へのサポートを行います。
事務局員は雪山研修運営の現場経験を積んだ者が担当させて頂きます。
研修の参加にあたり不明点や心配される点がございましたら事務局までお問い合わせください。

事務局業務は滋賀県・京都府・東京都の3拠点での対応を行っています。

事務局からのご連絡について

当会は全員がボランティアスタッフで運営しています。
ご連絡頂く場合はできる限りメール、FAXのご利用をお願いします。
お電話でのお問い合わせは留守番電話にメッセージを頂いた場合にのみ、折り返しのご連絡をさせて頂きますので必ず連絡先とご用件を残して頂きますよう、お願い致します。